フォト

マイ ホームページとオリジナルソングのライブビデオ

« ミュージシャンとして復活へ:ギターでリハビリ | トップページ | 階段が怖い!:リハビリ後期 »

2009年3月25日 (水)

独自のスタイルへ!:麻痺手でギターを

やはり、良く言われているように発症後3ヶ月ぐらいまでは回復が早かったけど、それ以降はやや足踏み状態ながらも緩やかにゆkっくり治ってるって感じですかね。

ギターに関しても、普通のやり方で元に様に戻すのはハードルがかなり高いので、そうではなくて今あるハンディを逆に武器に変える方法を考えようかなと思ってます。
ボトルネックとライトハンド奏法をうまく取り入れようかなー。
独自のスタイルを生みだそうと画策ちう、アイディア募集ちう。

麻痺した左手に人並みの動きを取り戻させるだけでも大変なのです。~階段の左側にある手すりがうまく使えない(握り離しがあまりうまくできない)ぐらいですから…。それをギター弾ける様にしようというのは余りにもハードルが高すぎるのです。なんとか工夫しなければ…。

一応現在は、うんしょ、こらしょ、って感じで、なんとか一音ずつフレットを押さえて音を出すことはできますが、まぁ、早弾きや複雑な動きはできないので、なんとか初心者レベルに戻ったって感じの状態です。いろいろ工夫してみます。乞うご期待&アイデアぼしうちう!

« ミュージシャンとして復活へ:ギターでリハビリ | トップページ | 階段が怖い!:リハビリ後期 »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミュージシャンとして復活へ:ギターでリハビリ | トップページ | 階段が怖い!:リハビリ後期 »