フォト

マイ ホームページとオリジナルソングのライブビデオ

« 人の心がわからんのかいッ!:人としての尊厳、クオリティオブライフ | トップページ | 失われた闘争心と強くなった自立心:退院後の実生活で »

2009年3月31日 (火)

杖を右手に持ってしまうと:片麻痺での実生活

090331_101702

よく言われている話なのですが、たとえば左片麻痺で杖を右手に持ってしまうと、これで両手塞がりの状態になります。歩きながら財布や定期、ハンカチを出したりする手がありません。立ち止まって杖をいったん置くか持ち替えなければいけません。

電車の切符を買う時に杖を倒して転がしてしまうことが度々ありました。それで写真のような杖立てを付けて、さらにストラップ2つを改良して肩かけストラップにしました。これはどちらも重宝しております。カバンもリュック型にしたので、やたら肩にモノがかかってますが、手は解放されます。あとは雨の日の傘と杖の問題だなぁ…。ワンタッチ折り畳み式杖とかもあるようですが、ちと値が張ります。杖同時兼用傘とかってあるかなぁ?

医者から杖なしで歩けても、杖を持っていれば周りの人がいろいろ気遣ってくれるからいつも持って歩くようにと言われたが、最近では気遣いされるのもうっとおしい。杖が要らなくなるようにリハビリ頑張って回復させるのがベストです。

« 人の心がわからんのかいッ!:人としての尊厳、クオリティオブライフ | トップページ | 失われた闘争心と強くなった自立心:退院後の実生活で »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人の心がわからんのかいッ!:人としての尊厳、クオリティオブライフ | トップページ | 失われた闘争心と強くなった自立心:退院後の実生活で »