フォト

マイ ホームページとオリジナルソングのライブビデオ

« もう死んじまってもいいかと?~11月の雨 | トップページ | 会議中に欠伸(あくび) »

2009年4月13日 (月)

試着室なんか嫌いだッ!!!~片麻痺の実生活

試着室なんか嫌いだッ!!!

このブログに、片麻痺での実生活でのいくつかの不便を書いた。
そのときは、左側通行や階段手すり、早歩きの世の中、下りエスカレーターがない、衣服の着脱や袖口のボタンの不便、杖を持った時の不便などを書いた。

昨日は新しいスーツを買いに紳士服店に行った。選んだところまでは良い。困ったのは試着である。試着コーナーは狭く手すりもない。以前退院してすぐ和食料理店に入る時に靴を脱がねばならず、椅子も何もないので立ったまま靴を脱いだり履いたりするのに苦労をしたことがある。片麻痺だとなかなか片足立ちの姿勢で複雑な動作はできないのだ。

試着コーナーに入るのに靴のことで苦労をし、中に入ってカーテンを閉めたら、今度はズボンの着脱、試着に困った。家では座った状態でズボンに足を通している。靴と同様、立ったままでは難しい。手すりもないので店員さんの肩でも借りようにもパンツ姿ではカーテンを開けられないし、店員がそばにいないようだった。結局、床にズボンを置いてズボンに足をのせるようにくぐらせてなんとかズボンを履いた。

オイラは入院中に片足立ちの練習をずいぶんしたのだが、立った状態で靴やズボンの着脱をするにはもっと片足立ちがしっかりしないといけないのである。かがみこむのも麻痺足の膝や足首がいまいち不自由でうまく安定しない。床にお尻から座り込むのも苦手だ。立ち上がりにくいのだ。まァ、練習あるのみだなぁ…。

« もう死んじまってもいいかと?~11月の雨 | トップページ | 会議中に欠伸(あくび) »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

あ、思い出した!
入院中、新入りの看護婦が足を車イスにひっかけてよろけたオイラを支えようとしたことがあった。よろけて出した片足の側の上体を抑えようとするものだから、「体重をこれから移動させようとする側を抑えたら倒れるに決まってるだろう!お前は柔道の達人か?投げ飛ばす気か?」ってつっこみたくなるようなことがあった。体が不自由な人をサポートするなら、その人の体を抑えたり掴んだりせずに単に肩や腕を貸してあげるというのが良い。手すりや支え台の代わりになってくれるのが良いのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう死んじまってもいいかと?~11月の雨 | トップページ | 会議中に欠伸(あくび) »