フォト

マイ ホームページとオリジナルソングのライブビデオ

« アメリカの黒人はジャズやブルースを聴かない??? | トップページ | ジャズ・スライド・ギターの動画 »

2009年7月31日 (金)

片麻痺のメンタルケアー~障害者心理

脳内出血片麻痺リハビリから退院してもう約5ヶ月になる。左手足はもう大分回復している。杖は持っているが、苦手な階段以外ではもうあまり杖をつかないで歩いている。走れるかどうかは不明だが走れそうな気がする。左手はギター練習のおかげで指はかなり器用に動くようになった。肘と肩の動きがまだぎこちないかな。一番の問題は手足の触覚がまだ鈍くなかなか回復していないというところか。

気になるのは以前よりもずーっとイライラしやすくなったということだ。オイラはあまり感情を表にする方ではないし、比較的落ち着いている方だったと思う。だが、手足がなかなか思うように動かず、今まで簡単にできていたことが不器用になり思うようにうまくできず、苛立つ場面ばかりになってきた。衣服や靴や食べ物やパソコンキーボードや楽器などにあたってもしょうがない。さらには他人の心のない態度や自分への配慮不足などいろいろな細かいところに神経質に目がいくようになってしまった。

多分、片麻痺患者はみんな同じなのではないだろうか?イライラしやすくなり、小さなストレスが少しずつずーっとたまってきているだろうと思う。しかもそのストレスのはけ口がなかなかない。自由があまりない。たまにカラオケでも行ってストレス発散しようと思っているが片麻痺患者のメンタルケアとしてこうしたストレス解消はとても重要なことのように思う。自分の中に溜め込んでしまってはいけない。お酒なんかもかたく規制するよりほどほどにやった方がメンタル的にとてもいいように思う。

あまりストイックになりすぎない方がよい。心を硬くしているといつかポキッと折れやすくなるのだ。柔らかく行きましょーう。何事も。

« アメリカの黒人はジャズやブルースを聴かない??? | トップページ | ジャズ・スライド・ギターの動画 »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカの黒人はジャズやブルースを聴かない??? | トップページ | ジャズ・スライド・ギターの動画 »