フォト

マイ ホームページとオリジナルソングのライブビデオ

« 出不精にならないために。~片麻痺の日常生活 | トップページ | 触覚トレーニングを! »

2009年7月 3日 (金)

悲しみのコーヒーショップ~片麻痺の日常

お仕事で武蔵中原のコーヒーショップでとある外国人ビジネスマンと待ち合わせることとなった。公共交通はエスカレーター、エレベーター等が設置されているとはいえ、左側通行では左手すりが使えないので階段が利用できないとか、上りエスカレーターがあってももっと大切な下りエスカレーターがないとか、エレベーターが混むとかちゃんと地上階までつながってないとか、六本木駅から中目黒、武蔵小杉で乗り換えて武蔵中原駅に到着するまで細かい点でいろいろ苦労した。

それでも駅はいろいろ改良されてきているから良い。福祉センターが駅前にあるのに車椅子で駅から入ろうとすると大変だとか、苦笑したくなることがたくさんあった。実際南武線から東横線の乗り換えでベビーカーの主婦が動けず途方に暮れて立ち往生していた。高齢者ももうすぐ人口の20%は行くだろうし、ベビーカーや車椅子、障害者など、バリアフリーが必要な人はもはや少数とは言えなくなってきているのだ。

待ち合わせの某コーヒーショップでコーヒーを買って二階に上がろうとした。雨が降っていたから傘と杖と仕事のカバンを手に持っていた。それにコーヒーののったお盆である。しかも運の悪いことに手すりが階段の左側だけにしかついていない。これは左手と左足が麻痺している人には手がうちようがない。とりあえず、コーヒー以外の荷物だけ先に持っていくにしても左側の手すりは使えずかなり厳しい。

さらにコーヒーの載ったお盆を抱えたまま階段を上るのは困難である。コーヒーはびちょびちょにこぼれ、しかもなかなか階段を上がれない。手すりが使えないのでバランスを崩して何度も落ちそうになる。怖い怖い。ますます、コーヒーがこぼれる。

やがて待ち合わせの外国人が来た。仕事はなんとか順調にこなしたが、オイラはこのことで泣きそうだったよー。ヤレヤレ、不自由なものだなぁ…。もう少し高齢者・障害者とかが就業しやすい環境整備しないとそれによる税収増、福祉負担減がはかれないぞぉーッ!

« 出不精にならないために。~片麻痺の日常生活 | トップページ | 触覚トレーニングを! »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出不精にならないために。~片麻痺の日常生活 | トップページ | 触覚トレーニングを! »