フォト

マイ ホームページとオリジナルソングのライブビデオ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の記事

2009年8月28日 (金)

大仏よりガンダム♪

実物大「ガンダム」に感動! 東京・お台場にファン集結
http://www.travelnews.co.jp/news/area/0908211030.html

「海外にもガンダムファンは多く、会場を訪れる外国人旅行者も多い。問い合わせも多く、外国人が多い宿泊施設では、ロビーにイベント会場までの行き方案内を貼り出しているところもある。」だそうだ。

国を挙げて日本への観光誘致活動に力を入れ始めているのだが、うけるかどうかわからんアニメの殿堂「国立メディア芸術総合センター」(仮称)?とかより、この実物大ガンダムを常設?にするとか方がやすあがりでよくね?ガンダムだけでなくて、一年毎に世界的にヒットした日本のアニメの象徴的なもの作って展示するとか…。エヴァとかハウルとか…。

ネガティブキャンペーンか…。

自民党がアニメまで使って民主党批判してるようだ。

マンガまで利用してるとは、情けない。競争相手の足を引っ張り、進歩を妨げるという競争至上主義の限界・欠点がまだわからんのか…。

それについての記事を読んでるだけでそのアニメを見る気がしなくなる。ヤレヤレ…。競争至上主義はもうヤメレ!

2009年8月23日 (日)

1年ぶりの復帰ライブ決定!

マディ綱島1年ぶりの復帰ライブでーす。
脳内出血で救急車で病院に運ばれ、約4ヶ月にわたる入院。左片麻痺リハビリを経て、その後、ギターリハビリをずっと続けてきました。このたびようやくバンド活動を再開いたしました。そして早速復帰ライブ決定です。まだずいぶん先の話ですが、気を引き締めて練習するため早速告知します。

★2009/12/13(日) 夜
マディ綱島&ウォーターブルースバンド ライブ
マディ綱島1年ぶりの復帰ライブでーす。
vocal&guitarマディ綱島、bluesharp小林由紀子
piano二階堂摂子、bass古川直、drums遠藤忠之
関内「ファーラウト」
横浜市中区扇町1-1 キンガビル2F TEL: 045-226-2278
http://www.jazz-farout.jp/
19:00 Open
19:30~ 3Stage
チャージ \2,000

どうぞよろしくお願いいたします。
近づいたら再度告知しますね。

2009年8月22日 (土)

音楽活動復帰に向けて ~スライドギタリストとして…

今日の午後は、マディバンドのリハーサル、スタジオ練習であった。
ライブ復帰のメドをつけるために皆が久しぶりに集まった。フルメンバーが揃ったのは去年の11月以来かな。

結果から言えば、オイラの左手、ギターの回復はまだまだリハビリちうなのだが、おいらがボーカル中心で、ピアノとハープがギターの分をサポートする形でヤれば、ライブはすぐにでも可能である。

ただ、しばらく歌っていなかったので、ノドの調子はまだまだであった。1時間も歌うとノドがかれてしまう。ま、このあたりは徐々に慣らしていくのみである。

ギターに関しては今日はスライドギター中心にやったのだが、これはもっともっと練習していけば、使えそうだ。指弾きの回復よりはずっと早そうだし、スライドギターを売りにする方が個性的で良いというバンドメンバーの意見もあった。

とにかく、これで音楽活動復帰に向けて動き出すことを決めた。
あとは具体的に話を進めて、練習あるのみである。
頑張るぞー!エイエイオー!!!

2009年8月18日 (火)

めざせ!あずにゃん!

アニメの「けいおん!」が流行っていて、その作品中でキャラクターたちが使用しているのと同じ楽器が売れているそうである。しかも珍しいレフトハンダー用のベース(作品中の秋山澪というベーシストが使用している)が売れているそうだ。本当に左利きの人がベースを始めてるのだろうか?

いいや、違う。秋山澪はそのキャラクターが人気なのだ。主人公のギタリスト平沢唯よりも人気があるそうだ。彼女の真似のコスプレの道具として使われるのだ。きっとそうなのだ。ねえ、楽器はちゃんと弾こうよ。飾りじゃないんだからサ。アニメがきっかけになって楽器演奏が人気になるのは大いに結構なんだけどね

オイラもテニスをやってた時はタッキーニのウエアを着てダンロップのラケットを持っていた。そうマッケンローの真似である。みんな形から入るのね。でもオイラがバンド始めたのは兄のお下がりのギターが最初だったし、自分で買った最初の楽器も質屋で安く手に入れたもので誰の真似でもなかった。

さてこの日記も「けいおん!」とか秋山澪とか書いてあるのでその言葉で検索されたりするのだろうか?そういう人たちのために少しは役立つ情報も書いておいた方がよいだろう。

けいおん!に出てくる後からバンドに参加する新入生「中野梓」が使用するギターはムスタングである。これはショートスケールのネックである。(ネックの太さはあまり変わらないかも。)つまりストラトキャスターやレスポールなどよりもネックが短めにできており、手の小さい人や女性向けにもいいのだ。他にジャガーというギターもショートスケールである。

このアニメでガールズのバンドを始めようと人も多いのではないだろうか。ムスタングは良い選択だ。(ギターだけでなくショートスケールのベースもあります。詳しくは楽器屋さんに!)めざせ!あずにゃん!

2009年8月14日 (金)

反吐が出るぜ「メシウマ状態」。

『現在インターネットで急速に広まり、使用されている言葉のひとつに「メシウマ状態」がある。メシウマとは、「他人の不幸で今日もメシが美味い」の略語である。』だそうである。最低の考え方である。前に一度「人の不幸を喜ぶことなかれ」という日記を書いたが、同じである。メシがうまいどころか反吐が出る。

他人がいくら不幸になっても、自分には無関係で自分が幸福になるわけではないのだ。誰かと比較することでしか自分を見ることしかできないのだ。相対的な価値しかわからず、絶対的な価値観がないのだ。これは競争社会の悪しき側面である。そのうち他人の足の引っ張り合いになりかねない。伸び悩めばお互いに引きずり落ちる方向に行ってしまうのだ。

他人などとは比較などせず、絶対的な価値観を持つ、より自分を高めるという向上心が必要なのだ。イチローに見習おう。誰かの記録を抜いてもそれが終わりではないのだ。自分の記録をさらに塗り替え続けていくモチベーションが重要なのだ。

高速道路無料化の経済効果だと???

ヲイヲイ、勘違いするな!高速道路の1000円定額サービスの経済効果がものすごいって?無料化すればもっと凄くなるって???確かにこのお盆休みで高速道路は大渋滞するぐらい利用されている。一方で鉄道・新幹線や国内航空、フェリーなどの旅客利用者が大幅に減っているというニュースも流れている。

さて、一般に交通量は発地(出発地点)から着地(到着地点)までの旅客流動と貨物流動の目的量の多さで決まる。この流動量が鉄道、船舶、車(さらに経路:一般道・高速道)、飛行機などの各交通手段にそれぞれ配分される。そう、交通はあくまでも手段であって、目的ではないのだ。道路が安ければ、道路が混雑し、鉄道が安ければ鉄道が混雑するというにその配分が変わるだけである。移動するという目的量自体には大きな変化はない。

必要のないところに貨物は運ばないし、新幹線で帰省(旅行)してたのが高速道路で帰省(旅行)しただけで、帰省や旅行の目的自体が無駄に大幅に増加するわけではない。
「車に乗ること(ドライブ)」自体が目的ならば目的量は増えるかもしれないが、デートや買い物が目的ならば電車で映画観に行く代わりに高速ドライブで行くだけで目的量の変化はほとんどない。高速道路があってもなくても必要な貨物は運ぶし、通勤やデートや買い物は他の手段を使ってでもするのだ。

「大幅に」経済効果が上がると考えるのはマッタクの幻想である。OD交通量の推計とかしたことのある交通や輸送・流通の専門家なら皆わかることだ。「高速道路の無料化?割引?ああ、各交通手段への分担率が変わるだけだよねー。」オイラもこの手の専門家(都市計画・都市工学系の研究員)なので細かい点で思うことはタクサンある。だが影響は複雑で、説明するのはとても疲れる。困るのは交通というものを誤解している人が多いことだ。多くは手段と目的を取り違えているのだ。

移動コストが下がればその分が他の消費に回るように見えるが、今のこの不景気では節約・貯蓄に回るだけで消費には思うほどにはつながらないだろう。ここはよくわからないところだ。
特定の移動の手段だけの割安感を高めることより、移動の目的自体を高めることの方が効果が圧倒的にあるのだ。

それよりCO2・環境問題対策のためにエコカー限定で無料化すべきである。

2009年8月13日 (木)

カリブなヒルズは観光客だらけ。

今日からお盆なのでいつもランチを頼んでる仕出し弁当屋が休みだ。どのみち水曜日はいつも外食ランチにしているのだが、今日はさすがに夏休みのせいか六本木ヒルズは旅行客・観光客で混雑している。カリブの音楽とビアガーデンで元気いっぱいににぎわっている。

ヒルズの食事どころはどこもかしこも人ごみで大渋滞、並んでいる。外はとても暑いし、他は休業中の店も多くて並ぶ根性がないので、今日のお昼は結局コンビニでサンドイッチ買ってきた。

不景気で今年は旅行には行かずに車で帰省とかする人が多いらしい。東京と近辺出身の人はきっとここぞとばかりここヒルズとか都内の行楽スポットに集まってきているのだろう。
でも行列で並んでるのは、セレブが利用するような高級レストランではなくて、普段サラリーマンが利用するような比較的リーズナブルな店ばかりです。

ヤレヤレ…周りが遊んでる中のオフィスで仕事するのは慣れてるけどねー

2009年8月12日 (水)

やっかみ、ねたみ、そねみ

最近いろんなところで聴かれる「ざまーみろ!それみろ!」のような「やっかみ」発言、記事。

なんかその意見とかを聴いているととても嫌な気分になってくる。「なんだぁ、結局、単にやっかんでるだけじゃないかぁ!」ってね。例えば、勝ち組の企業や成功した人に対するやっかみであったり、きれいな女優さんの心を射止めた不良芸能人や清純ぶりっこで成功したアイドルに対するやっかみだったりするのだ(笑)。~もちろん麻薬はいけないことだが、そのこと以上の攻撃のされ方だ。

人のそんな意見を聞くたびに自分もそういう風にやっかんだりしないようにしようと思うのである。やっかみが先に立って真実が捻じ曲げられてしまうことが多いからである。しかもマスコミがそれを煽るような根拠のあいまいな記事を書いていたりもする。マスコミは多くの読者が喜びそうなネタを大袈裟に報道したり、あるいは事実を捻じ曲げたり(やらせとか…)して伝えることが往々にしてあるようだ。まじめに苦労してやってきた成功者までも一緒にしてやっかんでちゃあかわいそうだよねー。

ま、ここ最近のいくつかの芸能人と麻薬関連のニュースを見ていていろんなデマが飛び交っていたのをはたから見ていてそんな事を思ったのであーる。

2009年8月10日 (月)

大雨と大地震と…~片麻痺患者の非難

西日本では大雨による水害がひどいようだ。台風も来ているし、昨日は地震もあった。
今日は第二回目の月曜休日3連休の夏休み。ときおり雨が止んで外に傘を持ってリハビリ・ウォーキングするも、すぐに小雨が降ってきて、振ったりやんだりでほとんど家の周りを歩くだけであった。

さて、会社ではしょっちゅう防災訓練をしているが(六本木ヒルズは六本木地区の広域避難場所に指定されていて耐震の建物、防災設備、備蓄品などが完璧なのだ!)、9月になるとまた防災訓練がある。超高層のオフィス棟から避難階段で下のプラザまで非難する訓練があるのだが、オイラの足では下り階段をすばやく下りることができず、詰まって後ろの人に迷惑がかかりそうだ。

いざというとき、今のオイラのオフィスは超高層ビルの中とはいえ8階なので、遅くて時間がかかるが、階段で降りることはできる。しかし、非常時には階段を急いでいる人だらけだろうし、オイラはゆっくりと一段ずつしか降りれないのでこれは厳しい。のろのろしてると後ろからどつかれそうだ。もっと高層階の足の悪い人たちは大変だ。エレベーターは消防隊のためにとっておくらしいが、けが人や障害者などの移送には使えるのだろう。

大地震とかが来たら嫌だなあと、今から心配なのであーる。

2009年8月 6日 (木)

スプーンでスライドギター!?!?

またしても、変わりスライドギターをYouTube上で発見しました。
もともと、昔はナイフやスプーンでスライドギターをやっていたというから、
なるほどねって感じです。首が疲れそうですが…。

Hannes Coetzee - Tea Spoon Slide Guitar
http://www.youtube.com/watch?v=78VdQuhTdZw

2009年8月 4日 (火)

ジャズ・スライド・ギターの動画

スライド・ギターというとやはりブルースのイメージが強い。あるいはせいぜいカントリーとかロックだろう。ジャズギターではスライドギターはやらないのかと思い、動画がないか調べてみた。すると以下の動画が見つかった。さらにこのStephen Couchという人を調べるともっと出てくる。便利な世の中になったものだ。

Stephen Couch Jazz Slide Guitarist practicing
http://www.youtube.com/watch?v=zFt1hZodozM

Stephen Couch Jazz Slide Guitar practice(3分あたりからスライドギター)
http://www.youtube.com/watch?v=Tr4ackN1QZ8


やはり、ブルースギターのようなワイルドさ、泥臭さはない。しかし、かなり細かなフレットさばきで細かく音を出してジャズらしさを出している。調べてみると1弦のみをDに下げて高い弦4本でOpenGにするという変則チューニングだそうである。テクニック的には大したもので大いに参考になるが、やはりスライドギターを活かすには大きくワイルドに音をスライドさせるような音楽、やはりブルースのような音楽の方が良いし、合うのだと思った。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »