フォト

マイ ホームページとオリジナルソングのライブビデオ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の記事

2010年8月29日 (日)

何もかもが嫌になるとき

「何もかもが嫌になってしまう」という経験をしたことがある人はきっと大勢いると思う。
いくら努力しても、どんなに頑張り続けても物事が好転せず、先行きがもっともっと不安になって悩まされる。もうお手上げ状態になる。

オイラの場合、今までもそんなことはタクサンあったのだが、なんとか乗り越えてきた。「真摯にやれるだけのことをやっていればなんとかなるさ。それでもなんとかならないならそれはそれでももういいさ。」みたいな感じでずっと潜り抜けてきたのだと思う。

最近の悩みも基本的には同じようなものだが。多分、脳卒中で倒れて以来、体もなかなか思う様に動かないし、脳卒中を再発するのがとても怖いので、将来に対する不安感が今まで以上に強くなっているのだと思う。

しかもこの残暑。夏バテもあって余計に積極的な気分、やる気を失っている。
オイラの場合、再来週のライブや自分の作る音楽のことだけを考えていれば元気も出るのだが…。

日記やブログというのも便利なもので、悩み事とかを人に相談する状況(相談というか話すだけで良い)でないようなときに、思いをぶちまけるだけで ずいぶん気が楽になるのだ。以前はそんな手軽な方法はなかった。欧米ではカウンセリングが気楽に出来るらしいけど、日本はまだまだ手軽にはなってない。

さあ、よし!
残りの夏休み時間、頑張って音楽すべえ。再来週のライブがんばんべえ!

2010年8月25日 (水)

傍若無人なオイラ

昨日の帰宅途中の電車内の話。
昨晩も軽い残業を済ませて、帰路についた。
最近は仕事が忙しくても、夏バテ気味なので
心配事は後回しにして帰っている。

帰りは日比谷線から東横線の直通電車があればそれに乗る。
シルバーシートの近くに乗り込んだ。
杖歩行なので、それに気付いた若いサラリーマンが
すぐに席を譲ってくれた。珍しいことだ。ありがたいことだ。
お礼を丁寧に言って座った。そこまではよかった。

それからしばらくして、コロプラの位置登録を忘れていたことを思い出した。
このゲームは位置登録をしてポイントを稼いだり危険回避をしたりする携帯ゲームだ。
焦って、携帯を出して位置登録をした。
そしたら、一つ隣に座っていたおじいさん(この人、オイラが乗った時からいたっけ???)から「携帯は駄目だ。」と言われた。「あ、すみません。」すぐに謝って携帯をしまった。

周りの人も慌てて携帯をしまった。
そう、シルバーシートに優先的に座らせていただいた人が、シルバーシートのルールを無視してしまったのだ。何とも格好悪かった。
周りの人はどう思っただろう?

あとは自宅駅に到着するまで寝た振りするのみであった…。

さて、気を取り直して、宣伝です。

マディ綱島&ウォーターブルースバンド ライブ
9/12(日)19:30~
横浜関内「ヤンキース」
関内駅北口前のセルテ12階
TEL:0120-64-5582
http://yankees2007.jimdo.com/
チャージ 2,000円予定

ぜひいらしてくださいね。
そんな日常の心模様が歌になってま~す。

2010年8月22日 (日)

9/12は関内ヤンキースにてライブ!

Photo
約半年ぶりのライブです。
横浜のJR関内の北口駅前のセルテビルの12階「ヤンキース」です。

今回も新曲あります。いい曲できてまっせ。
どうぞよろしくお願いします。

マディ綱島&ウォーターブルースバンド ライブ
9/12(日)19:30~
横浜関内「ヤンキース」
関内駅北口前のセルテ12階
TEL:0120-64-5582
http://yankees2007.jimdo.com/
チャージ 2,000円予定

vocal&guitar:マディ綱島
bluesharp:小林由紀子
piano:二階堂摂子
bass:古川直
drums:遠藤忠之

2010年8月 8日 (日)

貧しい心

最近の話
人通りのとても少ないところに設置されたエレベーターやエスカレーターについて「エレベーターは車椅子用かも知れないが、エスカレーターは無駄だ。この設計の評価は減点だ。」みたいな意見を聞いた。そのエスカレーターは動きっぱなしではなくて人を感知して動くタイプだった。オイラからすれば車椅子ではなくても杖歩 行者にはエスカレーターはとてもありがたくて感激するところなのだ。エレベーターより乗り易くて便利だしね。
なんて心のないケチで貧しい発想なのだろうと思った。むしろ設計者は評価されるべきではないのか?と思った。
今の時代、とにかく無駄を省いて効率化を図ろうという風潮、判断基準が行きすぎていないか? 経済性に偏った良し悪しの判断基準としようとしていないか???
人に優しくて良いものを積極的に作ろうという大切な心意気が失われてきてはいないだろうか?

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »