フォト

マイ ホームページとオリジナルソングのライブビデオ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の記事

2012年10月31日 (水)

石原新党の政権可能性による日中間観光への影響

さて、この9月からのここの日記でオイラのお仕事で出版した

「東京のブランド力 ~世界が憧れる5つの魅力~」の報告書

訪日外国人1800人から見た東京の魅力と各国の旅行者特性、そして観光施策を提言した報告書。(以下のオイラの研究所のHPへのリンクで概要閲覧と報告書購入ができます。)

このことを日記で書いて以来、オイラのこのブログの検索ワードから、読者層が主に、「ブルース」「ギター」のオイラのバンドの音楽関連の読者がひとつ、「片麻痺」「脳卒中」「リハビリ」などのオイラがなった脳卒中関連の読者がひとつ、そして、最近やたら増えてきた「中国人観光客」「反日」などの海外観光関連の読者、の3つのタイプが居ることがわかってきた。

特に「尖閣諸島」「竹島」の領土問題や元都知事の石原慎太郎さんの新党のことへの関心が高くなってきているようだ。当然ながら、領土問題の騒ぎが大きくなれば、日中間の観光客、ビジネス客は影響受けるし、観光産業はどちらの国も大打撃である。もちろん、製品・商品・食材などの輸出入も両方の国で大打撃である。人的交流も貿易も日中間のつながりはもはやお互いに切ってはいけないほど影響力が強いのである。

ここらへんの話はこのブログを見るまでもない。工業製品はアメリカ、日本、韓国等の世界中の部品や原材料を利用しながら中国や日本は生産しているのだ。既に国際関係は非常に複雑な話になっている。

で、今のように不景気と閉塞状態が続くと、人々は改革ができる、突破口を開ける主張の強い攻撃的なものに期待するようになる。アメリカでは大統領が支持率を上げるには戦争の危機を国民に感じさせることだとも言う。

こういう状態んいなると、はっきりとNO!を言ってしまう石原慎太郎さんに人気が集まるのは納得が行く。でもね、彼はどうみても国粋主義的で外国人が大嫌いだ。国際社会の中でうまくやっていけるような人間には見えない。ヘタすれば、中国と戦争だ!みたいなことを言いかねない。それは日本にも中国にも経済的には大ダメージである。

オイラは領土のことを譲れと言ってるわけではない。むしろ圧力に屈したら相手の思うツボだからそうすべきではない。ただ、無意味にお互いに経済を消耗し合うだけの我慢比べ担ってることをお互いに認識スべきだし、お互いの国民の自国政府に対する不満のはけ口の逃し場所になってるだけも意味しかないことをもっと自覚すべきなのだ.。無意味なことはやめようよ。「時間かかっても話し合いで解決しましょう。」としようよ。

経済界としては戦争は絶対避けなくちゃいけない(もちろん経済界じゃなくてもね)。もし中国に投資した日本企業がひどい目に合えば、中国は国際的な信用を失って海外の企業はリスクを避けて皆撤退をはじめるだろう。日本がいなくても他の国の工場があればいいという問題では当然ないのだ。

訪日観光が気になる人は先の報告書を買ってください。どの国が反日でどの国が親日家は簡単には言えないけど、国の一人あたりGDPが増えて、海外旅行者が増えた時に何処の国への旅行者シェアが増えるのかを見ると何となく分かる。中国人の日本旅行者は近年、一気に増加したけど、それ以上に日本以外への国への旅行者のほうが増えてるのです。ま、ビザ緩和具合の影響というのもとても大きいんだけどね。

ま、とりあえず、石原新党が政権をとって、中国と睨み合うことだけは避けて欲しいと思う今日この頃なのであーる。ヤレヤレ。

2012年10月29日 (月)

日本語ブルースといふコンセプト

Muddy

オイラは学生時代からずっと洋楽ばかり聞いて育った。
最初にバンド組んで、文化祭で演奏したのは中学校の時だ。
(学校では吹奏楽部でホルンを吹いていたが。)
それ以来、高校、大学とずっといわゆる軽音楽部、軽音楽サークルで
ロックばかり演奏してきた。このときのオリジナルは簡単な英語で作ったロックだった。

この時には既にブルース・カントリー系のものばかり聞いていた。
デュアン・オールマンやライ・クーダーのスライド・ギターやグレイトフル・デッドのギター、
デビッド・リンドレーのラップスティールのコピーばかりしていた。
大学時代にクロスオーバー、フュージョンブームが到来して
ジャズっぽいものにも興味を持ちはじめ、更にバンジョーやマンドリン、
ペダル・スティール・ギターも購入して、アメリカ音楽全体が好きになっていた。

大学を卒業してからの丸3年間、プロのギタリストに師事してジャズギターを
マンツーマンで習ったことが、オイラのジャズとブルースあいのこ系ギター・スタイル
の原型になったのだと思う。

この時はまだほとんど歌ってなかったので、オリジナル曲はMIDIを使って
インストのフュージョンを主に作っていた。
このときはパット・メセニーグループが好きだったのだ。
演奏活動としてはジャズのセッションにギターでジャズ・スタンダード・ソングに
参加したりしていたが、もっぱら、ジョージア・オン・マイ・マインドやストーミー・マンディ・ブルースとかのボーカル入りの演奏の方が客やセッション仲間の受けが良かった。

やがて、歌い始め、曲も歌ものを再び作り始めた時(もう40歳を超えた位の頃)には
ギターにしても歌にしても音楽で自己表現する方法がわかってきていて、
必然的に自然にジャジーな感じのブルースで日本語で歌うという方向へ向いていった。
そして今の「マディ綱島&ウォーター・ブルース・バンド」の結成となった。
綱島のジャズ・セッションの中から生まれた日本語オリジナル・ブルース・バンドになった。

考えてみれば大学の先輩である吾妻光良&The Swinging Boppersも大学理工学部の校舎で聞いていた。知らぬ間に影響を受けていたのだろうか?
1年少し前に、出演しようと思って渋谷のテラプレーンの下見に行った時、ちょうどライブやってた吾妻さんに久しぶりにあった。向こうはこっちを知らないんだけどね。

吾妻さんとこの「極楽パパ」、「ゴミの日来るまで」とか日本語オリジナル曲はウチラのバンドのオリジナル曲の「クレジットカードで現金化」とか「昼はカレーだったから」とか、ユーモアのあるタイトルの付け方にも共通点がありそうだ。(笑)

今やってる音楽が多分一番自分の性に合ってるのだろう。そのまま自分が育ってきた環境を反映しているのだ。結局そういう風になるものなのだと思う。
 さて、12/22の用賀の「キンのツボ」のライブでは、日本語ブルースだけでなく
少しプログレっぽい曲やアダルト・オリエンテッドな曲も用意している。
どちらも日本語オリジナルなのだ。
いろんな物を吸収しながら進化を続けるのです。
どうぞよろしくお願いしまーす。

(上の写真はCD"OneMoreBookers'"、下は12/22クリスマスライブのフライヤー)
20121222jpeg

2012年10月20日 (土)

Make my farewells to Mr.O..

今月中旬にお世話になった方が亡くなった。
今はなき綱島のライブスポット&バーの「Spirit」のマスターO氏である。
肝臓をやられていて、ずいぶん長く病気と戦っていたようだった。
Spiritmark2 Spiritbarphoto Yukki
写真はSpiritの看板、カウンターの中とライブ(村上ゆき&平岡雄一郎)の様子
Bar Spritは私は2000年頃から、ピアニストの金盛氏(現在はカナダ在住)の後を継いで
月一回のジャズ・セッションをやらせていただいた。
Spirit200206写真は2002年のジャズセッションの様子
左から黒田なおこ(vo)、岡田光(pf)、小見山(=マディ、gui)、古川直は(bass)は写真外
このジャズ・セッションがきっかけとなって、
マディ綱島&ウォーター・ブルース・バンドは生まれたのである。
そして、Spiritのマスターにはバンドの練習やライブのみならずCD用のピアノ録音や
様々なところでバンドに協力していただいたのだ。
お店が無くなってからは、横浜の我々のライブに来ていただいたり、弟さんの経営する
綱島の串揚げ屋「串の魂」によく来ていた。
非常に残念である。お世話になっていた頃の思い出が沢山蘇ってくる。
ご冥福をお祈りいたします。

我々もお世話になったO氏のためにも音楽活動頑張ります。
頑張ることがちゃんとできなかった恩返しになると思うのです。

画像は次回の12/22(土)の用賀「キンのツボ」でのマディ・バンドのフライヤー
20121222jpeg

2012年10月14日 (日)

12/22用賀のライブ居酒屋「キンのツボ」にてライブ

20121222jpeg早いものでもう、10月も中旬。すっかり秋になっていました。

8月の本郷三丁目の東京倶楽部でのライブの時に
「次のライブは12/22に浅草で開催します。」
と、来ていただいたお客様に告知していたのですが、
結局12/22は浅草のライブハウスの夜のブッキングが取れず、
他の日ではばんどめんばーも都合がつかず、同じ12/22で
のライブハウスを探すこととなった。
結局、比較的ブッキングの決定タイミングがやや遅かった
今年2月にやった用賀の居酒屋ライブハウス「キンのツボ」に
申し込むことになり、つい先日出演が決定いたしました。
マディ綱島&ウォーターブルースバンド
クリスマスライブinライブ居酒屋「キンのツボ」
日時:12/22(土)
 1stStage 19:00~
 2ndStage 20:00~
 3rdStage 21:00~
場所:東京都世田谷区用賀2-36-13COREプレイス用賀B1
 TEL 03-3707-0346
ミュージック・チャージ:2,000円
personnel
マディ綱島(Vo.&Gui.)
小林由紀子(BluesHarp)
二階堂摂子(Pf.)
古川直(Bass)
烏田裕(Dr.)
今回も新曲予定しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »