フォト

マイ ホームページとオリジナルソングのライブビデオ

« ブルース・ハープとスライド・ギターによる等身大の日本語ブルース | トップページ | クリスマス22日土曜日に用賀で楽しいブルースを! »

2012年12月16日 (日)

日本語ブルースを根付かせるために

クリスマス・ライブまで一週間となった。

今日はライブ前の最後のボイトレに行ってきた。
明日はライブ前の最後のバンドリハである。
ボイトレの方は今年の3月からずっと通っている。
そのことで、知り合いからは、「マディさんってすごい努力家だよね。」
と言われることが多い。
いやいや、音楽活動は続けたいし、
片麻痺になって以前のように器用に動かないギタリストのハンディを
乗り越えるためには、ボーカルの方に今まで以上に力を入れざるを得ないのだ。
ギターの方も今後はスライドギターで勝負できるように頑張っている。
ブルースハープもフィーチャーしてブルース特有の泥臭さを増している。
お客様からお金をいただいて音楽を聴いていただいている身分なのだ。
お客様にその分、いやそれ以上の満足を与えなければいけないのだ。
自己満足で音楽をやってても行けない(そういうミュージシャン多いけど)と思うし、
片麻痺だからという甘えは聴いてる人にはマッタク関係がないことなのだ。
さて、ツイッターでもつぶやいたが、マディバンドも来年春で結成10周年になる。
最初の2,3年位はジャズやブルースのスタンダードを中心に演奏していたが、
2005年あたりからオリジナルも演奏し始めて、やがて全曲オリジナル曲のみで
ライブをやるようになった。
最近では多少ジャズ・スタンダード曲も少し混ぜたりしているが
基本的にはオリジナル曲ばかりでステージを構成している。
そんな、やり方でもジャズ系のライブハウスのオーナー達には理解頂いていて
出演を継続させていただいている。とてもありがたいことだ。
さて、日本語でブルースをやり始めて思うところがある。
我々が日本語でやるブルースは、本来の黒人の哀歌ではないのだ。
憂歌団や柳ジョージ、上田正樹などのブルースミュージシャンも
日本語のブルース曲は現代に生きる日本人の歌なのだ。
僕の日本語ブルースの解釈としては、ブルース本来の
悲しみや叫び、喜びといったを魂から出る感情を表現して、
共感等を得て感動を与えるということだ。
だからなるべく日常的な感情を歌詞にするように心がけているし
頂いた歌詞もそう言う背伸びをしない等身大の感情を歌ったものだ。
♪「いくら失敗したっていいじゃない。
おもしろおかしく生きるのさ。
だから苦しみもがいていいじゃない。
ポジティブ思考で生きるのさ。
そうさ、楽観的に、
そう!思い切ってやってみよう wow-oh」
(オリジナル曲「楽観思考」)
♪「記憶の底に古いメールが あたまの中 繰り返してる
寄り添うことをせずにいたから 別の道 歩んでいった 
いつだって やさしかった ゆずることしかできなかった」
(オリジナル曲「古いメール」)
♪「あいつに勝って何の意味がある Hummm
あいつを気にせず自分を磨くんだ YouKnow
どや顔とネガティブ・キャンペーン やめとけ」
(オリジナル曲「どや顔とネガキャン」)
こうした考え方に賛同される方、作詞家募集中であります。
連絡くださいね。

興味のある方は是非いらしてくださいね。

●マディ綱島&ウォーターブルースバンド
クリスマスライブinライブ居酒屋「キンのツボ」

日時:12/22(土)
 1stStage 19:00~
 2ndStage 20:00~
 3rdStage 21:00~

場所:東京都世田谷区用賀2-36-13COREプレイス用賀B1
 TEL 03-3707-0346
ミュージック・チャージ:2,000円

personnel
マディ綱島(Vo.&Gui.)
小林由紀子(BluesHarp)
二階堂摂子(Pf.)
古川直(Bass)
烏田裕(Dr.)

18時の開店からライブスタートまではハッピーアワーでドリンクが格安です。

今回も新曲予定しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

« ブルース・ハープとスライド・ギターによる等身大の日本語ブルース | トップページ | クリスマス22日土曜日に用賀で楽しいブルースを! »

音楽活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルース・ハープとスライド・ギターによる等身大の日本語ブルース | トップページ | クリスマス22日土曜日に用賀で楽しいブルースを! »