フォト

マイ ホームページとオリジナルソングのライブビデオ

« 入場無料のインバウンド関連講演会を3/8に開催! | トップページ | クール・ジャパンというかクール・トーキョーというか、 »

2013年1月27日 (日)

コシノ・ジュンコ、服部幸應、ロバート・キャンベルが語る東京の魅力!

自分が企画担当している3/8に内幸町で行われる講演会だが、どうも告知広告が下手なせいで、ちっとも集客ができてない。国土交通省の記者クラブなどにプレスリリースを入れたりしたが、なかなか取り上げてもらえない。

入場無料の講演会だし、コシノ・ジュンコ、服部幸應、ロバート・キャンベルといったテレビでもお馴染みの各界のトップレベルの著名人を集めたのだから、かなりお得な内容のものなのにだ。公益法人による無料の講演会で、お金をかけて広告をうてるほど予算があるわけではない。

いろいろな媒体がニュースとして取り上げてくれるのを望んでいる状態だ。やっぱりお金かけないとダメだよね。広告ってやつは。

内容的には日本(東京)が世界的な大都市間競争の中でどう生き延びていくべきかを研究した成果である。急成長をするアジアの国々と価格だけで競争をしていても人件費の高い日本に勝ち目はない。

そうではなく、アジアの先進国である日本(東京)の良さ・強みをブランド化してもっと付加価値を高めていくことが求められるということ。そのブランド化の効果が期待できるものとして観光産業があるということである。

そのためには、まず外国人にとって「日本(東京)の魅力」がなんであるかを日本人がはっきりと認識すること、そして、それを活かしてゆくことが重要なのである。内容は面白いものになります。自信があります。3/8(金)、お時間のある方は是非、いいのカンファレンスセンターにいらしてくださいね。

特に、観光立国、ビジット・ジャパンやクール・ジャパン、訪日観光振興に関係する観光関連団体や行政の担当者はもちろん、観光・行楽スポットやホテル・宿泊施設、料理・飲食店、外国人に評判の高いアニメやファッション関連の店舗、日本土産としての電化製品や伝統工芸品などのショッピング関連の人たちにも幅広く聞いてもらいたいです。

入場無料ですよ!

「東京の魅力とは何か?」を考える。観光立国のための講演会・討論会

 初代観光庁長官である本保芳明 氏による訪日観光振興の基調講演と、「東京の魅力とは何か?」をテーマに、ファッション界からコシノ ジュンコ氏、料理界から服部 幸應氏、日本文学界からニューヨーク出身のロバート キャンベル氏といった様々な分野の著名人による討論会を行い、今後の東京のまちづくりのあり方について議論を深めます。

一般財団法人 森記念財団 第一回都市ビジョン講演会 

■タイトル 『東京のブランド力~世界が憧れる5つの魅力~』

■日時 平成253813:0016:10 開場12:00

■場所 イイノカンファレンスセンター ルームA (千代田区内幸町2-1-1飯野ビルディング4F

■入場無料

■プログラム

 1.開会挨拶:伊藤 滋 早稲田大学特命教授(一般財団法人 森記念財団 理事長)

 2.基調講演:『東京のブランド力~世界が憧れる5つの魅力~』本保 芳明 首都大学東京教授

 3.パネル・ディスカッション:『東京の魅力とは何か?』

  伊藤 滋 (司会):<都市防災論 国土計画 都市計画>早稲田大学特命教授

  本保 芳明:<観光政策>初代観光庁長官 首都大学東京教授

  コシノ ジュンコ:<ファッション>デザイナーとして国際的に活躍。

  服部 幸應:<料理>料理研究家、学校法人服部学園 理事長、服部栄養専門学校 校長/健康大使

  ロバート キャンベル:<日本文学>江戸時代から明治期の日本漢詩文、東京大学大学院 教授

<お申し込み・詳細はこちら↓> 

お申し込みはWEBで受け付けております!

森記念財団WEBサイト http://www.mori-m-foundation.or.jp/seminar/v1/index.shtml

または

イベントレジストサイト http://eventregist.com/e/mmf20130308

で!

« 入場無料のインバウンド関連講演会を3/8に開催! | トップページ | クール・ジャパンというかクール・トーキョーというか、 »

世間にもの申す」カテゴリの記事

コメント

この講演会の元ネタである報告書「東京のブランド力」では、「東京の魅力」を外国人を対象としたアンケートやインタビュー調査の結果として次の5つの魅力が浮き彫りになりました。
1.心地よい安全な街
 世界の大都市の中で犯罪の少ない安全な街
2.美味しくて健康的な食文化
 日本料理のヘルシーさは世界的なブーム
3.ユニークでこだわりの文化・流行
 アニメとストリートファッションはピカ一
4.豊かな四季が作り出す歴史と伝統
 日本庭園や歌舞伎、相撲。独自の伝統文化
5.過去と先端が共生する街
 古い和風建築と近代的な都市開発が共生

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 入場無料のインバウンド関連講演会を3/8に開催! | トップページ | クール・ジャパンというかクール・トーキョーというか、 »