フォト

マイ ホームページとオリジナルソングのライブビデオ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の記事

2014年6月30日 (月)

7/27(日)19:10~東京倶楽部本郷店にてライブ開催!

20140727jpg

7月27日の日曜日夜19:10より、東京の本郷三丁目にある

「東京倶楽部 本郷店」にて、マディ・バンドの単独ライブを開催いたします。

是非、一緒に楽しい夜を過ごしましょう。

 

以下開催内容です。

 

マディ綱島&ウォーターブルースバンド ライブ

 

●パーソネル

 マディ綱島(vo.&gui.

 小林由紀子(bl.hp

 二階堂摂子(pf

 古川直(ba.

 烏田裕(dr.

 

●日時

2014727日(日曜日)

 ライブ

 開場  18:30

 第1ステージ: 19:10 19:50

 第2ステージ: 20:40 21:20

 第3ステージ: 21:50 22:30

 閉店  23:00

 

●場所

「東京倶楽部本郷三丁目店」

 http://www.tokyo-club.com/hongo/about/

 

住所

 東京都文京区本郷3-31-3 本郷スズヨシビル地下1

大江戸線 本郷三丁目駅      5番出口 徒歩2分(150m

  丸ノ内線 本郷三丁目駅     2番出口 徒歩3分(250m

 JR 御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口 徒歩10分(750m

 

電話番号 03-6801-8322

 

●ミュージック・チャージ 2,160

 パスタ・ピザ・サイドディッシュ等の軽食もあるお洒落なライブ・バーです。

用賀「キンのツボ」ライブ・イベント報告6/29

10462504_709242365820437_659055292610455182_709241602487180_760980567910457961_709241935820480_9216235402
 
10384537_709242329153774_5597613952
6/29の夜は用賀「キンのツボ」にて3チームによる
対バン形式のライブにマディ・バンドは出演いたしました。
当日は夕方から夕立が急に降って来て、
夜はシトシトと小雨が降ったり止んだりするという天気でした。
来ていただいたお客様には、本当に足元の悪い中、感謝でございます。
私はギターと荷物を持って、運よく夕立前に音出しで店に到着、
帰りはちょうど雨が止んだタイミングだったので、とても運が良かったです。
さて、イベントは以下の個性豊かな3チームが順に50分ずつ演奏する形式でした。
「キンツボプレゼンツ オリジナル3バンドナイト」
(全バンド全曲オリジナル)
1.「ヤスオ・トゥワープ」
ヤスオ・トゥワープ(g):インストゥルメンタル・ギター・ソロ
 歌はないが、曲のタイトルが面白い。リズムとアドリブ・ソロを組み合わせた演奏法
2.「Love Tropica」
山兄(vo,g) 上原圭介(p) 廣原航(ds):デカダンス的な雰囲気のあるグループ
ハウス?ユーロビート?エレクトロニカ?なんてジャンルになるのかよくわからない。
3.「マディ綱島&ウォーターブルースバンド」
マディ綱島(vo,g) 小林由紀子(harmonica) 二階堂摂子(p) 古川直(b) 烏田裕(ds)
 日本語オリジナル・ブルース・バンドです。サザン・ロックっぽいって今回言われた。
今回はマディ・バンドがトリを務めさせていただきました。
ありがたや。ありがたや。
(演奏前に酔っぱらってしまうのではないか心配でした←私ではなく他のメンバーが)
Set List (Words/Music)
1.ブッカーズを俺に (Kissme&Muddy/Oka&Muddy)
2.夏草 (Jack/Muddy)
3.カッコ悪いがカッコいい (Muddy/Nika)
4.始発待ちのホーム (Muddy/Muddy)
5.被害妄想の詩 (Muddy/Muddy)
6.ドヤ顔とネガキャン (Muddy/Muddy)
7.南行きの列車 (Muddy/Oka&Muddy)
8.武士じゃあるまいし (End/Nika)
Encore.ブルースは好きかい (Muddy&Friends/Muddy)
Encoreでは、ヤスオ・トゥワープ(g)と上原圭介(p)さんが加わって
ブルース・セッションになりました。
とても楽しい夜になりました。
タニキンさん、ありがとう。
上原さん、取りまとめお疲れ様でした。
次のマディ・バンドのライブは
7/27(日)東京倶楽部本郷店 19:10~です。(MC 2,160円)
どうぞよろしくお願いいたします。

2014年6月25日 (水)

6/29日曜日夜に用賀金のツボにてライブやります!

用賀「金のツボ」ライブ・イベントにマディ・バンド参加します\(^o^)/
どうぞよろしくお願いします。
住所 :東京都世田谷区用賀2-36-13 COREプレイス用賀B1

・6/29(日)18:00開店、19:00開演

・出演バンド
 「ヤスオ・トゥワープ」
 「Love Tropica」
 「マディ綱島&ウォーターブルースバンド」

・演奏時間
 19:00~19:50、20:20~21:10、21:40~22:30の各バンド1ステージ
(マディ・バンドは21:40~の予定です。)

・チャージ設定
 2000円

Image


2014年6月 5日 (木)

人口密度と少子化(出生率)。生態学との関連について

出席した会議の中で出生率の低下の議論があった。
それで思いだしたことがある。

個体群生態学と言う学術分野があるのだ。
人間も他の生物と同じ生態学の基本原理が作用する。
人間以外の動物の観察で、ある地域の個体数が増加は限界に近づくと増加に抑制作用が働くことがわかっている。

しかしながら人間社会は複雑なので、単純に人口密度と出生率の相関関係があるかどうかを証明するのは困難だと思う。2000年以降、英・仏・スウェーデンの出生率は改善されてきたが、日本はもちろん独・伊などは全く改善されていない。(米は移民が多いので別、ヒスパニック系の出生率が高い)

出生率改善の理由に人口密度が改善されたからというわけでもなくて、結婚や子育てに関する各種政策の違いや結果と言われているが、手厚い福祉政策をしていると言われるドイツが改善されないのがうまく説明できないのだ。
社会背景の違いをちゃんと考慮しなければ効果的な施策は取れないのだ。

それでも、人口密度をストレスと言う言葉に置き換えると基本部分は理解しやすいと思う。人間社会のストレスは同じ人間同士の様々な摩擦によるものが多いからだ。人が多くいれば交流も増え、摩擦も増える。

つまり食料、経済だけの話ではない。といって、決して現代社会の中で都市生活を否定するものではない。
大都会では住宅や各種の施設は広くなって住みやすくなってきたが、ラッシュや待ち行列、混雑は相変わらずまだある。
しかし、それがほとんどない田舎でも決して出生率が十分に高いとは言えない(出生率は2.0を超えてないと種が保持できないのだ)。

人間関係のストレスはもっと根本原因が多様だ。
まだまだ研究が足りない。

以下は参考です。
http://hirokijourney.blog35.fc2.com/?m&no=528

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »