フォト

マイ ホームページとオリジナルソングのライブビデオ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の記事

2017年11月29日 (水)

12/3(日)東京倶楽部水道橋店にてマディ・バンドのライブ

ライブ動画付きのライブ告知です。
「南行きの列車」@8/5日吉ワンダーウォール・ヨコハマ

https://www.youtube.com/watch?v=3rZ1owz17nw

次の日曜日の夜、

12/3(日曜日)夜19時半より
東京倶楽部水道橋店にてマディ・バンドのライブをやります。

「マディ綱島&ウォーターブルースバンド」 
2017年冬のライブ!
添付動画のようなオリジナル曲をやっています。
さらに今回はオリジナルの新曲もあります。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

日時
2017年12月3日日曜日夜開場: 19:30

場所
東京倶楽部水道橋店
 東京都千代田区神田駿河台2-11-16さいかち坂ビル地下1階  JR水道橋駅 東口 徒歩3分
 JR御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口 徒歩5分
 三田線水道橋駅 A1出口 徒歩4分
TEL:03-3293-6056
‪地図ページ:http://www.tokyo-club.com/access/?shopid=suidobashi‬

マディ綱島&ウォーターブルースバンド
メンバー
マディ綱島(vo/g)
小林由紀子(cho/harm)
二階堂摂子(p/cho)
古川直(b)
烏田裕(ds)

ジャンル
Pops, Blues, Rock, Original

チャージ
予約:2,500円+税
(当日:300円アップ)

ライブ 2Stage(1st:20時~、2nd:21時半~予定)
開場: 19:30
閉場: 23:00

プロフィール
2003年結成。
2006年にオリジナル曲8曲入りのCD"One More Booker's"発表。
オリジナルの日本語現代ブルースで首都圏を中心に活動するバンド。

予約ページはこちら! ‬

http://www.tokyo-club.com/schedule/detail.php

20171203

2017年11月26日 (日)

響きの良い和音

響きの良い和音について

12音ドデレリミファフィソサラチシドの12音平均律と純正律との比較をする、差について。
(マイナスは高め、プラスは低め"単位 セント"、固定ドの西塚式12音表記)

固定ド:基音の周波数
デ:短二度 −11.73
レ 9/8倍の周波数:長二度 −3.91
リ:短三度 −15.64 ♭3は高目にすると響きが良くなる
ミ 5/4:長三度 +13.69 ミは低めにすると響きが良くなる
ファ 4/3:完全四度 +1.96
フィ:三全音 +9.78 ♭5は低めにすると響きが良くなる
ソ 3/2:完全五度 −1.96
サ:短六度 −13.69 短六度は高めにすると響きが良くなる
ラ:長六度 +15.64 ラは低めにすると響きが良くなる
チ:短七度 +3.91
シ:長七度 +11.73 シは低めにすると響きが良くなる
オクターブ上のドは2/1=2倍の周波数になる。

ブルーノートスケールの元となった西アフリカの伝統的民族音楽音階は7音平均律であり、これは上記のいくつかの音が純正律に近くなる音であった。
転調する度に上記音程のようにピッチを微妙にずらすと響きの良い和音が得られる。
=ミ、ラ、シの音をクォーター程度にフラットさせる。

2017年11月 2日 (木)

12/3東京倶楽部水道橋店にてマディバンドのライブやります。

マディ綱島&ウォーターブルースバンド 
2017年冬のライブの告知です。
オリジナル新曲あります。
どうぞよろしくお願いいたします。

日時
2017年12月3日日曜日夜開場: 19:30

場所
東京倶楽部水道橋店
東京都千代田区神田駿河台2-11-16さいかち坂ビル地下1階 JR水道橋駅 東口 徒歩3分JR御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口 徒歩5分三田線水道橋駅 A1出口 徒歩4分 TEL:03-3293-6056
マディ綱島&ウォーターブルースバンド
メンバー
マディ綱島(vo/g) 小林由紀子(cho/harm) 二階堂摂子(p/cho) 古川直(b) 烏田裕(ds)

ジャンル
Pops, Blues, Rock, Original

チャージ
予約:2,500円+税
(当日:300円アップ)

ライブ 2Stage
開場: 19:30
閉場: 23:00

プロフィール
2003年結成。
2006年にオリジナル曲8曲入りのCD"One More Booker's"発表。
オリジナルの日本語現代ブルースで首都圏を中心に活動するバンド。
東京倶楽部には本郷店や水道橋店に何度も出演している。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »